エムテックブログ

MTEC BLOG

テスト投稿03:こまちは、JR東日本が東京駅-秋田駅間を東北新幹線・秋田新幹線経由で運行している特別急行列車

カテゴリー1

「こまち」は、山形新幹線「つばさ」に次ぐ2番目のミニ新幹線方式の列車として、1997年3月に秋田新幹線の開業より運転を開始した。東京都と秋田県を結ぶ役割を担っている。

なお、営業上は在来線である盛岡駅 – 秋田駅間は在来線特急の扱いを受ける。

列車名の由来

列車名は、秋田県湯沢市小野出身とされる小野小町が由来とされている。運転開始までは「こまち」の名称は秋田支社のジョイフルトレインが使用していたが、こちらは「おばこ」に改名した。

なお、E6系電車が営業運転に投入された2013年3月16日から、秋田新幹線の全列車がE6系に統一となった2014年3月15日の間は、同系列を使用し東北新幹線内で最高速度300km/h運転を実施する列車を「スーパーこまち」として区別した[1][2][3]。

運行概況

2016年4月現在、定期列車は東京駅 – 秋田駅間に15往復、仙台駅 – 秋田駅間に1往復の計16往復が運転されている。東京駅 – 秋田駅間の所要時間は最短で3時間37分。東北新幹線上では最高320km/h、在来線となる田沢湖線・奥羽本線上では最高130km/hで走行する[1]。

定期列車は東京駅・仙台駅 – 盛岡駅間は「はやぶさ」と併結し、盛岡駅で増解結を実施する。一部の臨時列車には仙台で増解結を実施するものがある。これは併結車両の「はやぶさ」が仙台以北各駅停車となる便であるため、「こまち」を仙台から先行させ速達性を確保する措置である。

号数は東京駅 – 秋田駅間の列車が1-38号(併結する「はやぶさ」と同じ号数)、仙台駅発着の1往復が95・96号である。